特商法違反にならないように注意する必要性

なぜ特商法を守らないといけないのか

最近ではインターネットを使って商取引が行われ、対面販売ではなく消費者トラブルが起きるリスクが高いです。
このため、消費者庁はガイドラインとして特定商取引法を設定し、販売者や方法、商品に対する取り扱い方を明記するようにルールを定めています。
せどりや転売ビジネス、ネットショップの運営は副業として売り値と仕入れ値の差額で利益を出すことができ、スキマ時間にすると取り扱う商品の価格変動を分析できることが特徴です。

このため、ショッピングが好きな人には副業として稼ぐために最適ですが、安心して取引ができるよう特商法を守る必要があります。特商法は通信販売だけでなく訪問販売にも適用され、利用する際にはきちんと「特定商取引法に基づく表記」があることを確かめることが重要です。

どのようなことを明記するのか

「特定商取引法に基づく表記」では販売者の名前、所在地、電話番号、メールアドレス、サービス内容を明記し、商品の取り扱い方を明確にする必要があります。商品の取り扱いは発送や決済、返品の流れをきちんと伝え、トラブルが起きても安心して対応できるようにすることが大事です。

通信販売は商品の注文の方法や期限、決済の方法、返品可能な期日や条件が明記されていないと不安になり、利用者に信用されるようにするためには「特定商取引法に基づく表記」を見やすい場所に記載しないといけません。

また、商品の紹介をするときは誇大広告でありもしないメリットをアピールする行為は禁止され、どのようにすれば売れるのか考えてセールスライティングをすることが望ましいです。

違反すると処罰され信用を失う

特商法違反は消費者庁で定めたルールに違反することになり、発覚すると処罰をされて利用者の信用を失うことになります。
せどりや転売ビジネス、ネットショップの運営はいかに利用者の信用を強化するかが重要で、失うとチャンスをつぶすことになり利益を出すことは不可能です。

最近では口コミサイトなども多くこのような情報は流されやすく、信用を強化できるよう特商法を守り信用されやすいサービスを提供する必要があります。

仕入れ先を選ぶときは「特定商取引法に基づく表記」の内容を確かめ、安心して取引ができるようホームページやSNSなどで紹介することが大事です。誇大広告は相手が商品を受け取って失望すると口コミなどで拡散される場合もあり、虚偽の情報ではなくどのようにすれば魅力を伝えられるか考えないと逆効果になります。