特商法でネットショップの利用者に伝えるべきこと

安心して利用されるネットショップを目指そう

ネットショップの運営は主婦やフリーターが副業として行い、ハンドメイドのものや不用品処分をするためにも活用されています。
しかし、利用してもらえるようにするためにはきちんと相手に名前や住所、連絡先だけでなく、商品の引き渡しや支払い、返品や交換に関する情報を伝えないといけません。
特商法は消費者トラブルを防ぐためにガイドラインを設定し、きちんと守って商取引を行うことが必要です。

ネットショップの運営は電子商取引になるため特商法が適用され、ホームページの分かりやすい場所に「特定商取引法に基づく表記」を記載することが求められます。最近では通販サイトなどで対面販売ではない電子商取引で詐欺が起きやすく、利用者も警戒していることを知ることが大事です。

特定商取引法に基づく表記の内容をきちんと理解しよう

「特定商取引法に基づく表記」は利用者に対して不正な取引をしないことを約束するため、ネットショップの運営をするためには必要不可欠です。
表記する内容は店名または屋号、所在地、連絡先で紹介し、商品の取り扱い方を詳しく説明する必要があります。所在地はきちんと枝番まで記載し特定できるように表記し、連絡先は固定電話番号とメールアドレスを添えることが必要です。

商品の取り扱い方は決済方法と期限、引き渡しまでの流れだけでなく、トラブルが起きて返品や交換をスムーズにできるようにしないといけません。商取引はお互いに信用されるようにしないと成り立たないため、特定商取引法に基づく表記を記載しルールを守ってネットショップの運営をする必要があります。

相手の知りたいことを理解することが大事

ネットショップの利用者は無事に利用できるかどうか知りたいため、特定商取引法に基づく表記をきちんと記載する必要があります。
また、トラブルが起きたときにすぐに対応すると信用を失うことはなくなり、返品や交換をスムーズに行えるようにすることが望ましいです。

ネットショップの運営を成功させるためにはリピーターを確保し、なおかつ新規の利用者を増やせるようにすると効果があります。
このため、メールやSNSでコミュニケーションを行い、相手のニーズに応えるように考えて満足してもらえるようにすることが大事です。

ネットショップの運営は競争が激しく必要最低限のルールを守り、そのうえでニーズに応えるようにしないと限界があります。

特商法はネットショップの運営やせどり、転売ビジネスをするために基本的なルールで、始める前に理解することが重要です。